IT・プログラミングの専門校

IT・プログラミングの専門校

menu menu

News & Blog

ニュース・ブログ

Google・Appleに将来就職したい学生必見!テックフォードアカデミー独自授業「GAFAM講座」第3弾を公開

2022/03/01 (TUE)

こんにちは!バンタンテックフォードアカデミー名古屋校です。

2021年12月からスタートしているGAFAM講座の第3回目が2月17日に開催されました!

 

GAFAMとは、世界的に大きな影響力を持つIT企業(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の頭文字を取った総称。

GAFAM講座では、これらの企業に勤めていた経験を持つ人を講師に招いて、1人2回ずつ講義を行っていただきます。

講師の人の経験や考え方が聞けたり質問ができる、とても貴重な講座になっています。

 

※GAFAM講座第1弾の記事はこちら

※GAFAM講座第2弾の記事はこちら

今回、講義を行っていただいたのは、Googleでシステムエンジニアをしていた遠藤憲(えんどうあきら)講師。

遠藤講師は、現在は独立して歌手や演奏家などの国内アーティストによる個人レッスンが受けられる「Langdemy」というサービスを設立・運営をするほか、ITコンサルティング・システム開発事業などを行われている方です。

 

 

 

講義に入る前に、遠藤先生から「バンタンを卒業したら何がしたいか?」という質問がありました。

学生の多くは就職を希望していましたが、中にはアメリカに移住したい、との声も。

卒業後に自分がどうなりたいか、何をしたいのかを明確にしておくことは大切ですね。

今回の講義では、遠藤講師がGoogleでどんな業務をしていたか?という話がメイン。

遠藤講師は、GCP(Google Cloud Platform)のTSE(テクニカルソリューションエンジニア)という役職で、ビッグデータ・AI、プラットフォーム、Firebaseのチームに所属し、ユーザーから届く技術的な問題に対応されていました。

GCPは、Google がクラウド上で提供するサービス群の総称で、Googleが社内で使っているテクノロジーやインフラを誰でも活用することができ、AI・機械学習やデータ分析、データベース、API管理、IoT、セキュリティ、ストレージなど幅広い分野を網羅しているサービスです。

 

ユーザーから、「サーバーが落ちた」「運用中のアプリでデータベースにエラーが発生した」「こういうものを作りたいが、おすすめのアプリケーションやツールを教えてほしい」など、さまざまな問い合わせがあり、内容の緊急度に応じてレベルが分けられ、緊急度が高いものは10分以内に初回の返信をするルール設定されているそうです!

まさに時間との戦いですね。

そして、話はGoogleでの働き方へと移ります。

Googleはオフィスにカフェスペースやお昼寝スペース(仮眠OK!)があったり、勤務は3パターンのシフト制で好きな時間帯が選択できたりと、自由度の高い働き方ができるそう。

さすが世界のGoogleです!また、残業はほとんどなく、大手飲料メーカーの自販機も無料で利用できるなど、働く環境もとても良かったとのこと。

学生からは「うらやましい!」「バンタンも自販機無料にならないかな…」などの声が上がっていました~!

Googleは働き方改革の参考例として取り上げられることが多い企業です。実際に働いていた人からリアルな話を聞くと、一層憧れが強まりますね★

 

そして、授業の最後には遠藤先生から自主課題も出されました。

お題は「Firebase CLIを使用して、自分のWebサイトをホスティングする」というもの。

興味がある人はぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

それでは次回の講義もお楽しみに★

次の記事

全国の優秀中高生エンジニアを称えて。全…

前の記事

プログラミングだけではない!バンタンだ…

ニュース・ブログ一覧
高校卒業資格のとれるITの高校 VANTAN TECHFORD ACADEMY 高等部高校卒業資格のとれるITの高校 VANTAN TECHFORD ACADEMY 高等部